水の帰る場所〜少年達の夢に触れた日

2017年5月5日 13時公演  17時公演

 

人生で初めてシアタークリエで行われているジャニーズ銀座に参加したB少年担1年生、デビュー組から昨夏降りてきた19歳女子大生のはてブです。

 

去年は当日券に並んだものの落選

今年はチケットを握りしめ、ドキドキしながら会場入り。

そわそわしながら待っていると突然

「いくぞーーー!おーーい」

って聞こえる…円陣の音が聞こえる…???????????

 

シアタークリエって円陣の音が6列目はもちろん14列目でも鮮明に聴こえるんですよ…!!!

コレは衝撃だった

 

幕が開くと少年から青年へと成長著しい男の子達9人がいた

猪狩営業部長のローラー及びMCが見れなかったことがとても悔やまれる

1曲目のBAD BOYS

会場のテンションはスゴかった…大人しそうなお姉さん達が一斉にわめき散らす、最高

そんな中、私の心に残ったファンサを少し書こうと思う

 

橋本涼くん

私達の隣は猪狩担のお姉さんだった

猪狩くんがいないステージを見た時に泣き崩れるお姉さん

正直、自分に置き換えると見てられなかった

そんな中、HIHI JETの3人がお立ち台にきたのだが私は橋本涼くんに衝撃を受けた

 

猪狩担のお姉さんのキンブレを見るとスグに頷いて胸をポンポン、と2回叩いた

まるで

「猪狩はここ(心)にいるよ、4人だよ」

そう言ってるように感じた

ああ、涼ちゃん…

そしてこのブログのタイトルにもなっている水の帰る場所へと進むのだ

公演も後半戦にかかる頃、この曲がやって来た

 

おい!!!体にモール巻き付けた高橋ユウピーが我らのなすりゅ引き連れて何かしてるぞ!!

 

そう、今夜あなたを口説きます

 

佐藤龍我「どうも、りゅうがです♡ゆうとくん、だいっすきです!!」

 

高橋優斗「ごめん、1番はファンのみんな」

 

那須雄登「ゆうとくん、りゅうがはボクのものですよ」

 

高橋優斗「最後りゅうがのキスもらった方が勝ちだ」

 

こんなのオタク大好きに決まってるよね

分かってる〜ほんとに分かってる…

これは結局大光くんに唇を持っていかれるりゅうがちゃんで幕を閉じ、みんなどんちゃん騒ぎ…かと思いきやジュニア祭りで耳にしたイントロ…

 

 

み、水の帰る場所…!!!」

 

トラビスジャパンさんが一瞬にして会場を引き込んだ曲

はちゃめちゃユウピーの後に、このボルテージになることを予想していただろうに、あえてこの選曲

天才かと思った

歌詞をなぞるように表情を変える涼くんをみて

天才だと確信した

ねえ、そのココロに溜まった黒い水を

今吐き出して痛みを土に還そう

わたしの日常で溜まったストレスが、一瞬にして土に還った

 

他担の私が涼くんについて書いていいものかと散々迷ったのだがこの時感じたこの気持ちを無くしたくない、鮮明なうちにここに書き留めておこうと思う

 

これから先、彼ら10人は荒波に揉まれるだろう

このまますんなり行くはずなんてない

きっと、人知れず涙を流す夜もあるだろう

けれど、2017年の春、青春真っ只中のこの時期をこの10人で過ごした時間はきっとかけがえのないものになるはず、確かだけど不確かな、沢山の「なにか」を得た彼らはとても輝いていて美しかった

 

季節は巡り記憶の果て
この日々が遠くかすんだって
君と話した大切なこと
忘れないずっと 夢から夢と
このまま駆け抜けていくんだ
僕らはいつまでも 少年のままで

 

大きく羽ばたけ、HIHI JET  東京B少年

 

f:id:chupa-s2-chups231:20170525235019j:image